マッハトレンド

トレンドネタをマッハでお届け!!

【最悪】東名妨害追突事故の容疑者、1ヶ月前にも3台の走行を妨害していた

   

【最悪】東名妨害追突事故の容疑者、1ヶ月前にも3台の走行を妨害していた

石橋容疑者は約1・4キロの間、後方から極端に接近し、前に割り込んで減速するなどの妨害を繰り返していた。手前の休憩所で通行を妨げるように駐車していたのを嘉久さんから注意され、腹を立てたという。

 捜査関係者によると、事故の1カ月近く前の5月8日夜、石橋容疑者は下関市の一般道で運転中、時速約10キロまで急に減速。追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停車させ、窓をたたいたという。

 翌9日未明には、ゆっくり走行している際に追い越そうとした車の進路を2回妨害して停止させ、運転席のドアを3回蹴った。
同日早朝にも、追い越そうとした車の方へ自分の車を寄せて衝突。手前の信号で青に変わっても10秒ほど発車せず、その後も遅めの速度で走行していたという。

 県警は、いずれも石橋容疑者がきっかけをつくって追い越しを誘った可能性もあるとみて、6月の事故と共通点がないか解明を進めている。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.asahi.com/amp/articles/ASKBC4TBBKBCULOB011.html

 - 未分類

×