マッハトレンド

トレンドネタをマッハでお届け!!

日本の「お客様は神様」はやりすぎ 有事には店側も強気の対応が必要

   

日本の「お客様は神様」はやりすぎ 有事には店側も強気の対応が必要

1 キングコングニードロップ(愛知県)@\(^o^)/ :2017/01/05(木) 17:24:56.91 ID:kD18h9k00

「お客様は神様」今は昔 行き過ぎ言動後絶たず神戸新聞NEXT 1/5(木) 7:30配信

かつて流行し、今も社会に根付く「お客様は神様です」という言葉が問い直されている。店員に土下座を要求したり、駅員に詰め寄ったりと、一部の客の行き過ぎた言動が後を絶たないためだ。他人への不寛容な風潮は強まるばかり。自らの心を押し殺して接客せざるを得ない労働は「感情労働」と呼ばれ、それが必要な職場で働く人を守ろうと、国に対策を求める動きも出てきた。

「1本の電話で1時間以上、苦情をうかがうこともある。さすがに悪意のある言葉を聞き続けると、心まで疲れ果ててしまう」兵庫県内の企業で、客の苦情などに対応するベテラン男性社員はこぼす。人格を否定されたり、「家まで行くぞ」と脅されたりする電話も受ける。言いがかりなどに対応する研修の開催も重ねている。飲食や鉄道など不特定の客と接する感情労働の現場では、客からの苦情や暴力も多い。

「お客様は−」は昭和を代表する演歌歌手、三波春夫さんのフレーズとして流行した。ただ、三波さんの公式ホームページでは「お客様は聴衆。飲食店などのお客様ではない」と説明。「三波本人の真意と違う意味で使われている」「クレーマーには格好の言い分になっている」と現状を嘆いている。

■従業員の人権に理解を日本の感情労働は海外と比べても特殊。働く人は際限なく笑顔などが求められ、その対価も客の笑顔などの感情で受け取っているのが現状だ。使用者は給与と引き換えに労働力を提供してもらうのであり、感情はその対価にならないことを理解しなければならない。

-端折っているので細かくはソースで-

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000000-kobenext-l28

感情労働を巡る韓国の事例を紹介した集会=大阪市
20170105-00000000-kobenext-000-view.jpg

3 ミッドナイトエクスプレス(大阪府)@\(^o^)/ :2017/01/05(木) 17:27:03.21 ID:AKeSQp2u0.net

クレーマーがデカイ面し過ぎではと思う
変なユーチューバーとかも最近増えたな

53 セントーン(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/01/05(木) 17:51:32.92 ID:k4VWg1lr0.net

>>3
それユーチューバー関係あるのか?

79 ニールキック(東京都)@\(^o^)/ :2017/01/05(木) 18:02:26.57 ID:rI/S/J390.net

>>53
チェーンソー振り回して炎上中の奴がおるやん

 - 未分類

×