マッハトレンド

トレンドネタをマッハでお届け!!

韓日漁業交渉、決裂。

   

韓日漁業交渉、決裂。

 交渉決裂により韓国と日本のEEZで操業する両国漁船は30日までに自国の水域に移動しなければならない。相手国のEEZで操業を強行する場合、無許可操業となり、拿捕(だほ)されることもあり得る。

韓国側ははえ縄漁船の操業条件の緩和やタチウオの漁獲割当量を2150トンから5000トンに増やすよう求めた。

日本側は韓国漁船の違法操業や資源減少などを理由に、操業を認める韓国漁船の数を現在の206隻から大幅に減らす方針を示した。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000041-yonh-kr

 - 未分類

×